これまで店舗を使ってカー保険に参加する代理店形式自動車用保険が主流でしたが、少しずつ変わってきています。オンライン契約が市民権を得た現代通販タイプカー保険を選ぶ人が多くなってきています。そもそも、ネット車保険とは、どのような車保険のことでしょう?加えて通販式自動車用保険で加入するとどういった弱点があるのでしょうか?通販式マイカー保険は、ダイレクト型保険などのようにも呼ばれ、代理業者を仲介せず、直に保険企業と交渉するクルマ保険のことを言います。通販方式の自動車用保険のアドバンテージは費用の安価さ詳細の調節や乗り換えがやりやすいというポイントです。オンライン保険は、代理店を通さずWebページや電話によりじかに自力で契約するものなので、それだけ料金が安くなりやすいです。代理店利用の保険の費用と対比すると、とても低額で契約できるというのがカー保険の魅力です。さらにインターネット上のみで手続きするものなので補償の再検討や更改ができます。人間と対話するのは嫌、不得意という人や暇がとれずにいつまでも保険の切り替えが困難な人達に対して極めて利便性の高いものです。通販タイプ自動車用保険の場合は、上記のような魅力がある一方、弱点もあります。ネット保険のデメリットは自力で全部の手続きを行わなければいけないところです。独力でプランを決め、自力で手続きを実行しないといけないから、少し煩雑な部分や難しいところも見られます。代理店式自動車用保険と異なり指示を仰げないシステムだから自力で選定することになります。よってダイレクト保険を利用する場合には、かなり専門の学識が無ければならないと思ってほしいです。