乗用車の『全損』とは名称通り愛車のすべてが故障した状態、すなわち走行が出来ない等移動手段の車として働きを満たせなくなった際に使用されますが乗用車の保険で定義されている(全損)は多少異なった内容が含まれていたりします。保険における車が損害を受けた時には《全損と分損》という2つの状況に分類され、《分損》は修理費が保険内でおさまる場合を指し反対に【全損】とは修理のお金が補償金を上回る状態を指します。一般的には、自動車の修理で【全損】というと車の心臓、エンジンに修復できないダメージが起こったり、自動車の骨組みが歪んでしまって修理が無理な場合、再利用か処分となるのが普通です。ですが、事故が起きて修理業者や保険会社がこのような修復費を推定した時に、どれほど見かけが美しく直すことが可能な状態でも修理の費用が補償よりも大きければどうして自動車の保険に入っているのか分からなくなります。そのようなときには、《全損》と考えてマイカーの所有権を自動車の保険屋さんに渡し補償金を支払ってもらう事になっています。当たり前の事ながら長い年月運転した自動車で思い入れがあり自分のポケットマネーで直してでも乗り続けたいと考えるひとはけっこういらっしゃいますので場面にて自動車の保険屋さんと相談するといいのかもしれません。自動車保険ではそのような場合が想定され車両全損時諸費用補償特約など《全損》のために特約を設けているケースがいっぱりあり予期せず車が『全損』なってしまっても新規購入の経費を多少なりとも負担してくれるケースも存在します。更に盗まれた際の補償金の特約をつけている場合盗まれたマイカーが発見されないケースでも全損とされ、保険が適用されるシステムになっているのです。