大部分の保険会社は手厚いと告知をしますが自動車事故をしてしまった状況で間違いなくちゃんと取り組んでくれるか気になるところです。特に電話で入るダイレクト型自動車保険と名付けられた実際の店舗をを備えていない自動車の保険会社では顔が見えないことが心配の材料となってしまいがちです。だからといってダイレクト系自動車保険と現実の店舗が存在する自動車保険会社の対策にほとんど差異はないですし通販型のほうがコストが減らせる分保険料が下げることができるので自動車の事故をしなければ保険料を安くすることができます。それならば車の保険会社が異なることで対策に優劣がでるかといわれれば答えはイエスです。その相違は店舗型ダイレクト自動車保険といった差ではなく各自動車保険の会社ごとに対応をしてくれる時刻や曜日が異なることによります。事故はいつ何時するか予想できませんので受付はいつでも応じてくれるのは欠かす事のできない条件で、そして休日や朝早くに起こってしまった対応がされていることを確認することをお勧めします。保険によっては365日対応と言っていても受付時間が平日でなければ違っていて短縮されているところもありますので調べておくことが重要です。それとは別に、もしかしたらを考えて保険会社の拠点も正しく調べておくことも重要です。どのような車の保険会社でも事故拠点が近くになければ対応がすぐに行えない時もありますので、自宅の近くにあるかどうかも対応の差異を計るものさしのひとつです。ある程度の大きさの保険会社は区間ごとに対応拠点を所持していることが多くございますので緊急時の対応も優れていてその場面で行う事故処置も的確に助言をしてくれると評判がいいです。