自動車の保険には、この記事をお読みの方も既にご存知だとは思いますが等級という名で知られるランク付け被保険者に対して与えられます。正しくはノンフリート等級別料率制度といい、月々の掛金に大きく関係しています。等級は、クルマの保険への加入者の公平な負担を一番の目的としているため、交通事故を生じさせてしまう危険性あるいは自動車保険を使う確率が高ければ大きいと認められるほど保険の掛け金が増加します。反対にアクシデントを起こしてしまう可能性があまりなく、車の保険を用いられると考えにくい利用者に関しては、低リスクのドライバーだろうと認められ掛金が低廉になります。安全に運転している被保険者の方がそうでない人より有利な機構であるので、自動車事故を引き起こしやすい被保険者には多少不利な枠組みだと考えられるでしょう。低リスクの被保険者と事故リスクが比較的高いドライバーの掛け金が同じ額だと割高な金額を払わされていると感じる人が大多数であるため自動車保険サイドからしても損を少なくするために否応無しに欠くことのできない機構だといえます。ここで、等級とは詳しくはどんなシステムなのか具体的に明らかにします。まずは、等級の数には1等級に始まり20等級まで定められており級が増えるごとに保険の掛金が割り引かれるようになっています。さらに1等級から3等級の間については低廉にならずかえって高くなり交通事故を起こしてしまいクルマの損害保険を適用してしまうと三等級低くなってしまい、より負担がかかる車の損害保険を納めていくことになってしまいます。そしてまったく新規でクルマの保険に加入する時は六等級からのスタートになりその時から等級が減っていくのか増えるのかは保険利用者によります。そのようなわけで、保険の掛け金を安く抑えたい人は、自動車事故を起こさないように安全な運転に心がけるのが効率的といえるでしょう。