乗用車の全損とはその名の通り自動車のすべてが破損してしまう状態結論として走ることが出来ないように移動手段として働きを果たさなくなった場面で用いられますが自動車保険で決められている『全損』はちょっと違う内容があったりします。乗用車の保険では乗用車が壊された場合に全損と分損などと2つの状態区別され『分損』は修理の費用が補償金でおさまる事を言いその場合とは反対に「全損」とは修復の費用が補償金より高くなる場合を指します。通常、乗用車の修理で【全損】というと車の心臓、エンジンに修復できない被害があったり、乗用車のフレームがいびつになっていて直すのが不可能な場合、リサイクルか廃棄と結論付けられるのが常識です。車の事故を起こして販売会社や車の保険会社がそのような修復のお金を算出した状態で見かけがちゃんとしていて修繕が可能な時でも修理のお金が保険金よりも大きければなんで自動車保険に加盟しているのか分からなくなってしまいます。こういった状態では、【全損】と決めて愛車の権利を保険会社へ譲り保険金を負担してもらうことになっています。もちろんかなりの間運転した自動車で思い入れがあり自分で修理して使用したいと思う人間はかなりいるのでケースによっては車の保険の会社と話すといいかもしれません。なお、車の保険の種類によってはこういう事態が想定され車両全損時諸費用補償特約等全損の際に特約ついている状況が存在し万一自動車が【全損】なったケースでも新規購入などの経費を一部分払ってくれるケースも実在したりします。さらに盗まれた時の補償額の特約をつけているならば、盗まれてしまったマイカーが発見できない際でも《全損》とされ、保険金が払われることになります。